2013年11月01日

院外活動報告です!

こんにちは、獣医師の西村です手(パー)
近頃、朝晩は冷え込むようになりましたが、みなさま体調を崩したりされていないでしょうか?

さて、私事ですが先月の20日に行われた、
『第54回日本獣医画像診断学会』に参加し、発表させて頂きましたぴかぴか(新しい)ビル

発表内容は、当病院で行っている動物達の健康診断『ワンドック』についての統計学的な発表です!

みなさん当院で行っているワンドック(ネコちゃんはニャンドック)はご存知ですか?

人間ドックに習い、
1.身体検査(耳の検査や歯の検査も含みます)
2.血液検査(血球計算、生化学、電解質、CRPなど)
3.レントゲン検査(胸部、腹部がメインで、気になる部位があれば一緒に撮影できます)
4.超音波検査(腹部と心臓のエコーを見ます)
5.眼科検査
6.便検査


と以上の項目で大切なワンちゃんを健診します!! (詳しくはホームページのワン・ニャンドックを参考にして下さい。)
かかる費用は10500円なので、かなりリーズナブルな値段で検診を受けて頂けるので多くの飼い主様にご支持を頂いております。
(リピーターになっていただき、7才以上になったら毎年受けて頂くことが多いです。)

今回はワンドックで行っている超音波検査にスポットを当てて、7歳以上の健康で症状がないワンちゃん達の心臓やお腹の中にある異常をどれだけ見つけることが出来るかに注目しました。

結果は、なんと『58%のワンちゃん』に何らかの異常が見つかりました。

西村発表.jpg

異常が見つかった場所は心臓や、胆嚢腎臓肝臓と様々でした。

スライド10.jpg

異常が見つかったワンちゃん達には早期に治療(薬の処方や、ご飯の改善)を進めることが出来ました。

うーん、健康だと思っていても、体のどこかに少しずつ負担がかかっているんですね〜(>_<)
(私も2匹のワンちゃんを飼っていますので、定期的な検診をしてあげないと)

早期発見・早期治療に役立つ結果が出たので、改めて健診の重要性を確認できました!

みなさんも気になることがございましたら遠慮なくおっしゃって下さいねぴかぴか(新しい)犬

posted by スタッフ at 07:47| Comment(2) | ☆病院日記☆
この記事へのコメント
びっくりしました(゜Д゜)
検診を受けたら58%異常が見つかったなんて(>o<)
我が家の犬も今年で10才&#9825;
先日は歯が自然に抜けたり、散歩の距離が短くなったり、少しずつ老いを感じてます(;_;)
年が明けたらワンドックお願いしようかな(^_-)
大切な家族、1日でも元気で長生きして欲しいですし…
Posted by さくらっ子 at 2013年11月15日 22:53
当院でもこの結果にはビックリしています。
健康に見えるワンチャンでも、実は加齢とともに体には異常が出てきているのですね!

病気は早期発見、早期治療が一番です。
機会がありましたら、是非ご利用下さい!
Posted by スタッフ at 2013年11月20日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: