2020年07月13日

貧血の原因は!?

本日は、以前ご紹介させて頂いた僕が飼っている猫について是非お伝えしたい事があります!
獣医師の中谷です。

20200527_113114.jpg

我が家の最高齢(16歳)のランですexclamation×2

先日は認知症になってきていることを紹介しましたが、その後腎不全を患ってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
認知症は食欲が増えたりするのですが、何だか最近ご飯をあげても来ないなと思い、血液検査をして発覚しました!!
最初は年のせいかな…と思っていましたが、初めから年のせいにしてはいけないですねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
それからは点滴生活で、数日に1回は皮下点滴を実施し、なんとか食欲を取り戻しました。

そして安心していたのもつかの間たらーっ(汗)
また元気が無くなってしまい、再び血液検査をすると、点滴の甲斐あって腎臓の数値は安定していましたが、今度は重度の貧血にがく〜(落胆した顔)
貧血の原因は色々ありますが、実は腎不全が原因で貧血になる場合もあるんです!!
腎臓からはエリスロポエチンという物質が出ていて、これが骨髄を刺激して血を作る…というはたらきがあるので、腎不全が貧血を起こす場合もあるのです。なので確定診断はエリスロポエチンの濃度を測る血液検査、ということになります。

貧血の原因によっては治療が難しいことも多いのですが、腎性貧血の場合は、貧血を改善する注射があります注射器(血)


20200710_084005_024.jpg


ということで、毎週の造血注射が点滴治療に加わりましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

皆さんも高齢のコが調子悪い場合は、なんとなくであっても年かな…と思い込まずに、早めに調べてあげて下さい!
posted by スタッフ at 13:50| Comment(2) | その他
この記事へのコメント
診察室、1人しか入れないんではないんですか?
皆さん、何人普通にも入っていきます。
受付時に1人だけと口頭で注意してもらわないと
守ってる側は、なんだかバカらしいです
Posted by at 2020年07月18日 11:24
コメントいただきました飼い主様をはじめ、ご協力いただいている飼い主様には本当に感謝申し上げます。
 ご指摘いただきました通り、複数人お入りいただいているケースも少なくない状況です。
 飼い主様によって大切な動物の状況を心配されている程度が異なり、獣医師からの話をお聞きになりたい方々が多く存在します。

 そのため、飼い主様と我々の信頼関係を構築しつつ、治療を進めて行く必要性があり、飼い主様のご判断にお任せし、ご協力いただいている状況です。
 
 病院という特性上、来院人数を制限することが難しく、混雑時は密になりがちです。また、診療スタッフも多くの方と会話しております。そのため、出来るだけ人との距離をとり、飼い主様ご自身で感染予防をしていただくことをお願いしつつ、もしご家族の方で大切な動物のことを心配され、話をお聞きになられたいようでしたら、ご遠慮なく診察室にお入りいただければと思います。
 
本内容をもってご理解いただければ幸いです。
コメントいただき誠にありがとうございます。

院長 尾崎英二
Posted by おざき動物病院 at 2020年08月06日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: