2019年11月08日

ゲストティーチャー!

先日奈良県立郡山高校に院長がゲストティーチャーとしてご招待いただき、
2年生の学生の方々を対象に授業を行いました!

授業のテーマは「獣医師という仕事について」
「獣医師」と聞くと一番馴染みのある我々のような仕事を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか?わーい(嬉しい顔)
ですが、そのような「小動物臨床獣医師」の他にも、一般企業の検査期間や、公務員(保健所などの公的機関だけでなく、公立の動物園の獣医もここに含まれていますexclamation)、公衆衛生などなど実は獣医師の活躍の場は多岐に渡ります犬猫

そのような「獣医師」として多岐に渡る仕事内容をご紹介した後は、
では獣医師になるためにはどのような準備が必要か?というお話を。メモ

実は院長が獣医師を目指したのは高校生になってからだそうですひらめき
(建築士、イチゴの品種改良、獣医師の3つで悩んでいたとのこと目意外な一面です…!笑)


勉強や大学のお話もしつつ、本題の私達の小動物臨床獣医師の仕事内容についての説明ですぴかぴか(新しい)
この内容が特に学生の方々の興味を持って頂けた様子で、とても熱心に聞いて下さっていました。
院長もいつになく真剣な表情…わーい(嬉しい顔)
IMG_3356.JPG


「病気」と一括りにしても、人間と異なり動物病院では内科、外科、皮膚科、眼科、神経科などなど台風他分野を診ることになります。
そのため診断に至る経緯や治療方法についても説明すると到底授業内で説明しきれませんあせあせ(飛び散る汗)
ですが現場を少しでも感じて頂くべく、何例か症例を上げてお話を致しました手(グー)
IMG_3358.JPG
↑骨折の手術方法を熱く語る院長ぴかぴか(新しい)



学生の方や教職員の方からも質問を頂いたり、いつもと違う環境で有意義な時間を過ごさせて頂きましたかわいい
未来ある皆様に「獣医師」という職業が選択肢のひとつとなっていると嬉しいでするんるん

当院にとっても社会貢献のできる貴重な機会ですので、これからもご依頼頂ければできる限り協力させて頂きたいと思いましたハートたち(複数ハート)
IMG_3357.JPG
posted by スタッフ at 12:58| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: