2018年11月01日

綺麗な花には毒がある!?



こんにちは!うさぎ大好き看護師の吉田です晴れ

11月に入り、朝晩は肌寒い日も増えましたね。今年も残りあと2カ月と思うと、一年が本当に早く感じますあせあせ(飛び散る汗)


さて、当院の各診察室には、お花を飾っていることをご存知でしょうか?

普段あまり気に留めないと思いますが、お花が少しあるだけでも、部屋の雰囲気が明るく和むような、そんな感じがすると思うのですわーい(嬉しい顔)かわいい

病院に来られる理由はワクチンや体調不良など様々ですが、大事な家族の具合が悪くなって来院される時は、飼い主様も不安や緊張があると思います。
そんな時、少しでもお花達が力になってくれていると、お花自身や水を毎日入れ替えているスタッフも嬉しく思いますぴかぴか(新しい)

ただ、動物達はどう思っているかは分かりませんが…(笑)



ここで、私のお気に入りのお花を少しご紹介致しまするんるん


gabera.jpg

こちらの花束はガーベラとアルストロメリア、アスターです。
オレンジのガーベラは、見ているだけで元気をもらえますわーい(嬉しい顔)


rindou.jpg

こちらは、バラとリンドウです。
赤と紫の色合いが素敵ですね揺れるハート

お花の香りも大好きなので、新しいお花が病院に入った時は、花の香りでも癒されていますハートたち(複数ハート)




お花に関して、もう一つ。皆様はわんちゃんネコちゃんが食べてはいけない花があることをご存知ですか?



花の持つある成分が、わんちゃんネコちゃんに対して有毒なことがあり、食べてしまうと嘔吐や下痢などを引き起こしてしまうのですふらふら

毒性の強いものは、いけてある花の水をのんだだけで中毒になることも。。がく〜(落胆した顔)


食べてはいけない花の代表的なものは、ユリ、チューリップ、彼岸花、アジサイ、キキョウ、スズラン、シクラメンなどがあります。


これからの季節にお散歩中に出会う可能性がある花で、気を付けて頂きたいのが、スイセンです。
スイセンは、白や黄色の花を咲かせる、可愛い冬〜春の花なのですが、葉や球根に毒を持っているので、わんちゃんが間違って食べてしまわないように注意です犬exclamation
葉はニラに似ているので人間も注意ですexclamation×2

お花を詰んでご自宅でいける場合も、ネコちゃんが、お水を舐めてしまわないよう気にかけてあげて下さいね猫


この花がスイセンです↓

suisen.jpg


(1年前に私がいけたものです(^^;))



私の習っているいけ花の先生のネコちゃんはかすみ草が何故か好きで食べてしまうそうですあせあせ(飛び散る汗)
調べるとかすみ草に毒はないそうですが、食べ過ぎると心配なので、できれば食べないでいただきたいものです。。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)



注意が必要な花や観葉植物は他にもたくさんあるので、興味があれば皆様も調べてみてくださいね目
posted by スタッフ at 15:22| Comment(2) | ☆スタッフ☆
この記事へのコメント
お花がある暮らしは素敵ですよね(*^^*)
お花を見ると季節を感じることができて、なんか嬉しくなります("⌒∇⌒")
でも調べると犬や猫にとって危険なお花がありすぎて…我が家では家の中に花を飾ることがなくなりました(^^;
Posted by 西村英子 at 2018年11月03日 13:20
西村英子様コメントありがとうございます!

お花は日本の四季を感じることが出来て楽しいですよね♪
飾りたくてもできないのは残念ですね。。危険な草花は意外とたくさんあるのでお散歩時など、もぐもぐしないように注意です!
Posted by スタッフ at 2018年11月07日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: